こんにちはshonanryuです。

鎌倉には美味しいお店や、おしゃれなフェや喫茶店などが沢山あります。

その中でも鎌倉の景観を作っている一つが『古民家』です。
鎌倉の古民家に住む人々も沢山いるのですが、景観を崩さぬよう古民家を改装してオープンさせた「古民家カフェ」ならぬお店があります。
今回はそんな古民家を改装して作ったカフェを紹介していきます。

kominnka cafe

■甘味処 無心庵
鎌倉ではとても有名な甘味処で、江ノ電の「線路を渡らないと入れない」古民家カフェです。江ノ電で通り過ぎるときに、こんなところにお店があるのか?

とびっくりされる方もおおいはずです。

木の門をくぐってお店の中に入ると、そのままの古民家を利用しているので上がり口があります。靴を脱いではいると、

囲炉裏がある席や、お庭が見える席、椅子がある席などがあります。
古民家をそのまま利用した席なので、誰かの家で甘味を楽しんでいる様な感覚も味わえます。

ゆったり鎌倉を楽しみたい方にオススメな古民家カフェです。

 

■kamakura24sekki/カマクラ 24セッキ
kamakura24sekki/カマクラ 24セッキのお店も古民家をそのまま利用したカフェになっています。

このカフェの特徴は築40年ほどの、古民家をカフェ風にリノベーションした店内になっております。

長椅子が気の看板表札だったり、木の張をそのままむき出しにしてあったりと、所々に古民家を思わせる工夫が施されています。

この古民家カフェで味わえるのは、自家製の天然酵母パンと、自然野菜をふんだんに使った

ベジスープなど身体にいい素材を使用したものが味わえる古民家カフェです。

こちらのカフェの店主は、ご自身の経験からパンやカフェメニューを作る素材には様々なこだわりがあり、

ベジタリアン、マクロビオテック、ビーガンなどの食を召し上がる方にも利用できるお店です。

 

■古民家に住みたい人へ

今回は2店、古民家を改装して営業されているカフェをご紹介しましたが、鎌倉は景観維持をする為、

このように住居だけでなくカフェなどの飲食店も古民家を利用して営業しているお店が沢山あります。

古民家カフェを訪れて、鎌倉で古民家に住んでみたいと思われた方はお気軽にお問合せください。

古民家移築でコーポラティブタウン建設

プロジェクトはこちら  http://shonanstyle.com/cooperativehouse/kominka-coop-01                                        ページ閲覧には無料会員登録が必要です。