国は中古戸建て住宅の流通促進に力を入れ、来年からはいよいよ中古住宅インスペクション制度がスタートします。

売買の際には。売主さんまたは買主さんいずれかの希望で行う事が可能です。
但し、これは義務化ではありません。

その比較としてこちらも義務ではありませんが、古民家鑑定、伝統工法耐震診断、床下インスペクション。
古き良きものを残す為、古民家の活用には必ず必要なものとなっていくのではないでしょうか。

実際、福井県ではその助成まででスタートしています。私の暮らす神奈川県でもこんな助成スタートしてほしいものです。神奈川にも知らないうちにつぶされていく古民家が沢山ありますのでこんな助成含めて行政のチカラ少しお借りしたいですね!