ブログトップ オフィシャル お問合せ窓口

考える「エコ」な事

逗子の古民家鑑定行いました

築77年の古民家情報です。

こちらが現地の写真です

鑑定書も出来上がり、建物コンディションはまずまずであること、耐震診断で弱いところ
がどこなのかもわかり、床下調査で土台や石場建て基礎の状況もわかりました。

image
image
image
image

基づき、耐震工事費についてや活用のためのリフォーム費など明確になります。
ご提案は全部を工務店さんに頼むのではなく、DIYリフォームを採用していく
事をお勧めします。

不動産流通ではここまで事前に調査を行なっている古民家はありません。
古民家で逗子に暮らしたい人、現地見学からご検討いかがでしょうか。
調査結果も詳しくご説明させて頂き活用のご相談承ります。

暮らす湘南サイトよりお問合せ下さい。

地球温暖化について

昨日、自分で読んでいるメルマガでこんな記事を見つけました。

温暖化で2030年には84万人死亡(12月4日共同通信ほか)

地球温暖化に対する適切な対応策を取らないと、2030年には世界で年間84万人が熱中症や感染症、栄養不足などで死亡することを、国際援助に関する非営利組織DARAがまとめ、メキシコの気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で発表した。報告書では、既存の研究を基に、温暖化の影響が分野別や国、地域ごとにまとめられ、熱中症や感染症、食糧供給の減少に伴う飢餓や栄養不足などが原因で、温暖化による死者が2030年には84万人に増加すると予測されている。

一方、世界気象機関(WMO)は、2010年の地球の平均気温が観測史上最高になる可能性があるとCOP16で報告した。WMOによると、1〜10月の平均気温は14.55℃で、過去最高だった1998年の14.53℃を上回り、年間でも少なくとも3位以内には入ると見込まれている。 

*ネットワーク地球村『環境トピックス」より
<<http://www.chikyumura.org/about/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うーん。海の水温は年々あがっているような感じですし、

ますます今年は、始められる小さな『エコ』について

真剣に考えなくてはと、、、、、、、。

shonanryuでした。
 

我が家も太陽光発電?

shonanryuです。

我が家の電気代があまりにも高いので

調べた結果、答えは単純『使い過ぎ』なのですが

そこで、やはり太陽光発電とエコキュートを採用か??

または、エネファームを採用か??

DownloadedFile

いずれにしても太陽光発電パネルを屋根にのせるのですが、、、、

エコ関係、いつものメルマガを見ているとこんなページを発見

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●太陽光発電は救世主になれるのか?

日本でも国産エネルギーとして太陽光発電を推進しようとする動きがあります。

しかし、現状でも次のような問題点が指摘されています。

◇原料のシリコンは輸入品

現在の太陽電池に使用されるシリコンの92%は中国から輸入しています。今後中国の太陽電池増産に伴い、輸入ができなくなる可能性もあります。次の候補地エジプトからの輸入には、さらに大きな輸送エネルギーが必要です。

◇大量生産は困難

〔銀〕太陽光発電の電極に使用している銀は、全量を輸入しています。銀の可採寿命はあと19年(mineral commodity summaries 2010)です。

〔レアメタル〕シリコン以外の原料を使用した薄膜太陽電池には、インジウムやテルルという産出量が非常に少ないレアメタル(希少金属)が必要です。

今後、銀やレアメタルがリサイクルされても足りなくなると予測されています。主原料のシリコンや銀、アルミニウムだけではなく、銅鉱、鉄鉱、石炭(製鉄原料)、石油(プラスチック)もほぼ全量輸入。唯一、国産原料のガラスも生産エネルギーは輸入しています。

◇バーチャルエネルギー

輸入シリコンの生産エネルギーは、日本の製造エネルギーに含まれていません。バーチャルウォーター同様、バーチャルなエネルギーを考える必要があります。 

◇太陽電池の原料自給率は、ほぼゼロ

精製に大量のエネルギーが必要なアルミニウムはほぼ全量海外で精錬しています。そのために必要な電力は日本の消費電力の2%です。輸送なども含めたバーチャルエネルギーは日本のエネルギー消費の3%になります。

◇原材料管理、廃棄処理のルールづくりが不可欠

薄膜太陽電池に使われるインジウム、セレン、カドミウム、テルルなどには発がん性などの毒性があります。中国ではインジウムを取り出す処理を適切に行わずにカドミウムや鉛によって水が汚染され、日本のイタイイタイ病などと同様の健康被害がおきています。

●「バーチャルエネルギー」「バーチャルCO2」

日本は、エネルギー自給率4%、いろいろな資源の7割近くを海外輸入に依存しています。その結果、バーチャルエネルギーという見えないエネルギーを海外で使い、バーチャルCO2を海外で排出しています。バーチャルウォーター同様、海外のエネルギーに依存し、海外でCO2を排出しながら、私たちが生活しているという認識を持つことが必要です。

「太陽光利用と太陽熱利用」

太陽光を半導体により電力として利用した場合、太陽エネルギーの10%しか利用出来ていません。太陽熱を温水器やソーラークッカーなどで利用した場合40%以上のエネルギーを利用できます。コスト面で見ると1キロワットの太陽光発電システムは約100万円。1キロワットの太陽熱調理器(ソーラークッカー)は数千円〜数万円。『地球村』がアフリカに支援しているソーラークッカーは1台数千円です。100世帯に支給しても100万円以内です。

私たちは、大量の電化製品に囲まれて「電気依存症」の生活をしています。

今の生活を見直しましょう。

・電気などのエネルギー消費を減らすように心がけましょう

・できるだけ国産品を使用しましょう

・修理するなど、できるだけ長く大切にしましょう

・目先の宣伝に惑わされないようにしましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*「ネットワーク地球村」

環境レポート「地球は今・・・」より

来週、東京ガスが我が家のデータを持って打ち合わせに

くるのですがさてどうするものか、考えものですね。

我が家のエコ、今後もレポートしていきます。

『今日は考えるエコな事』でした。

住宅版エコポイント

今日は住宅版エコポイントについてです。

地球温暖化対策の為のCo2排出削減のため政府が打ち出したキャンペーン「チャレンジ25」

平成21年度第2次補正予算にて創設されたこのエコポイント制度、国費1,000億円をかけた制度が3月からスタートです。

エコ住宅の新築、エコリフォームいずれにもポイントが発行され、住宅リフォーム市場の活性化
も期待されています。

▼太陽光発電は補助金の対象でポイントもOK
DownloadedFile



<エコ住宅新築>
平成21年12月8日〜平成22年12月31日に建築着工したもの

A「トップランナー基準」相当住宅

B 省エネ基準を満たす木造住宅 のいずれかに該当するもの



?トップランナー基準住宅について
<<http://www.mag.co.jp/revised/law/expands.php


?省エネ基準木造住宅について(東京都の例)
天井:グラスウール180mm

外壁、床:グラスウール100mm

開口部(窓)アルミ2重サッシまたはアルミサッシ+複層ガラス



『1戸あたり30万ポイント』1ポイント1円


新築住宅をお考えの方、使わない手はありません。




shonanryuでした。








秋の鎌倉〜紅葉と建築着工

鎌倉の山々は紅葉が始まっています。

エコタウン大町の現地から見える景色も

山が色づき綺麗です。


P1000599


P1000600




四季のある日本は素晴らしいと思う

季節でもあります。(寒いですが)

そして現地は、2区画が建築着工となりました。


P1000595



P1000596



これから130日くらいで竣工となりますが

建主はとても楽しみな時期です。


 U様、N様着工おめでとうございます。


計画地もこの2棟が上棟となり、だいぶ雰囲気

が変わっていくことでしょう。

この土地、考え中?のかた、現地は10回といいます

から朝、昼、夜、何度でもご覧になってみて下さい。


shonanryuでした。







エコな塗り壁

P1050665

募集中のプロジェクト鎌倉雪ノ下コーポラティブハウス

外部仕上げについて提案がまとまりました。

全体は「スイスウォール・漆喰」を採用する事を提案します。

経年変化で年を経るごとに白くなる外壁、外部で使うマテリアルは

真っ白の漆喰とRC打ち放し(木目)、そしてバルコニーのガラスとなります。

モダンな外観に参加者の思い思いのインフィル設計を行い、既存マンションには絶対ない

個性ある「コーポラティブハウス』が誕生します。

エコな外壁『スイスウォール』はこちら

<< http://www.iskcorp.com/recommend/index.html#01

会員ページでは個別プラン募集価格も公開しましたのでチェックしてみて下さい。

但し、室内プランは自由設計ですからご参考ということで。

そして、気になる方は現地見学と個別計画説明会・相談会のご予約をお願いします。

<< http://shonanstyle.com/modules/formmail/index.php?id_form=2

*2009年は12月26日(土)までご予約受付との事です。

shonanryuでした。

住宅でエコポイント

ブログネタ
エコな暮らし に参加中!

shonanryuです。

新しい政権になり政府は新築住宅や改築の際に

省エネ対応型にした場合にも、エコポイント制度

を導入するために2009年度第2次補正予算案

に約1000億円を計上する方針?

住宅市況が冷え込む中、09年新設住宅着工戸数は

過去最低に不動産も動きがいまいち。

歓迎できる政策だと思いますが1000億円は

ちょっと少なすぎるのでは?>?

住宅関連産業は広いですからこういう政策は

大きく実施した方が良いと思います。

税収がないのはわかります、、、、

ですが、おもいきった政策をとらないとデフレ傾

向は収まらないと思います。

また、昨日横浜不動産のれん会の記念講演会で

「金利が上昇」しない今のままのゼロ金利では

なかなか景気回復は難しいとの話しも聞きなるほど。

その講演会では土地底値予想は平成23年ではと?

マイホーム検討中のかた、来年はおもいっきり指値で

不動産購入のチャンスでもあると思います。

住まいは「エコ住宅』を建設してしっかり

エコポイントをゲットしましょう。

PS:ところでこのポイントは何に使えるのだろう?

ーーーーーーーーーーーーーーーー

小さなエコも是非採用を

タンク
エコタウン鎌倉」お勧めですよ。

<< http://shonanstyle.com/modules/pico/index.php?content_id=1#a001

エバーブルー最新号

2009年12月『エバーブルー』の最新号

が届きました。

エバーブルー

今月から配布店登録を行い、「暮らす湘南」

サイト会員にはご自宅へ郵送でお届けです

特集は『風と太陽,エネルギー』

環境先進国デンマークと日本の比較など

とてもおもしろそう。

エバーブルーウェブマガジン▼

http://www.everblue-mag.com/index.html

まださっと読みなので自分もこの後

じっくり読んでみます。

shonanryuでした。

太陽光発電も事業仕分け?

shonanryuです。

湘南にエコタウンを建設し暮らそう

提案の一つとして太陽光の利用/

太陽光発電がありますが、今年から

始まり既に10万件を超えた設置補助金

について、本年11月から廃止、そして

全量買い取りに移行するとの事です。



DownloadedFile




詳しくは▼
<< http://www.asahi.com/business/update/1127/TKY200911270464.html


発電した電気の全量買い取りと補助金

本当はどちらも必要な事のような気がします。

環境先進国の仲間入りはまだまだなようです。

そして、政権が交代するということはこういう

事でもあるのですね。














我が家の小さなエコ


雨水

雨水

shonanryuです。

我が家の中庭に設置した雨水タンク

数日前に降った雨で100リットル

のタンクがほぼ満タンです。

屋根ではなくベランダに降ったものを

集めただけ。

写真のように蛇口を開くと勢い良く流れます。

思っているよりきれいな水で、海から帰り

サーフボードを洗ったり、足を洗う

には最適、GOODです!!

お金もあまりかからずに始められる『小さなエコ』

ご自宅のベランダ、お庭に小さなタンクを雨どい

につないで設置してみてはいかがでしょうか。

ご検討を。

twitter
住まいの学校
月別アーカイブ
プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
コメント
トラックバック
鎌倉雪ノ下コーポラティブハウス/外壁はスイスウォール漆喰で! (うぇブログ-shonanryu's BLOG-鎌倉 不動産 コーポラティブハウスなら暮らす湘南)
エコな塗り壁
太陽光発電の22年度の補助金が廃止!? (サンヨー太陽光発電と激安情報 【三洋PVマニアックス】)
太陽光発電も事業仕分け?
エコタウン大町」現地借地権説明会開催 (うぇブログ-shonanryu's BLOG-鎌倉 不動産 コーポラティブハウスなら暮らす湘南)
エコタウン大町借地権分譲プロジェクト>現地説明会
鎌倉雪ノ下のコーポラティブハウス/建物ボリュームが決定です。 (うぇブログ-shonanryu's BLOG-鎌倉 不動産 コーポラティブハウスなら暮らす湘南)
雪の下コーポラティブハウス
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
ページトップへ戻る