ブログトップ オフィシャル お問合せ窓口

「湘南のちょっといい話」

「アロハコレクション茅ヶ崎」レポート

湘南自慢の夕焼けと雄大な富士山とのコラボ。

富士山の向こうに太陽が沈み、時間の経過と共に空の色が変化します。

1日の終わりにこんな光景を見ながらビーチを散歩…癒されますよね〜。



IMG_0760 (2)

 

そんな景色が目の前に広がる、コーポラティブハウス「アロハコレクション茅ヶ崎」。

先日、9月中旬に工事業者との工事請負契約などを含む建設組合総会が行われました。

 

9月建設組合総会の様子

IMG_0818

建設組合5名(うち1名は代理人出席)、建設業者、設計士が出席し、工事見積もりやスケジュールの説明・意見交換ののち、工事請負契約を締結。

その後建設組合の総会が行われました。

スケジュールは9月末には仮囲いがされ,11月に本格着工、来年6月末の竣工目標へ向けて、建設組合・業者・設計が三位一体となっていよいよ走り出します。

来年の夏には茅ヶ崎サザンビーチのシンボル的な存在としてお目見えします。

今後も進捗レポートを随時お届けしますのでお楽しみに!

 

「アロハコレクション茅ヶ崎」はあと残り1戸、購入可能です。

ご興味ある方、詳細ご希望の方、資料請求はこちらから https://ws.formzu.net/fgen/S17545314/"

「シェアビレッジ西御門コーポラティブタウン」進捗報告

鎌倉西御門に、静岡三保の古民家を移築・再築するコーポラティブタウンプロジェクトの進捗報告です。

鎌倉西御門の静かな山間に建築予定のシェアタウン、第1期4住戸はいよいよ2017年秋に着工します。



img_4941

(長屋式のコーポラティブタウン完成予想模型図)




4月には第1期建設組合が設立され土地取得完了、移築古民家の選定・見学を終えました。


詳細はこちら
http://shonanstyle.com/?p=11575


IMG_0010_2 DCIM100GOPROGOPR2591.



7月には静岡三保の古民家の解体がスタート。

詳細はこちらhttp://shonanstyle.com/?p=11729

IMG_2059 IMG_2063

静岡で80年を過ごしたこの古民家は、鎌倉で次の歴史を刻む事になります。



そして9月1日、12日には静岡から鎌倉の現地へ古材が搬入されました。
 
大型トラックで運搬してきたものの現場までトラックが入れず、山の下で2tに積み替えて数回にわたり搬入。

最長約7m、直径30僂發里両召覆匹領造簔譴覆匹古材です。
 

この平材は幅約30僉⊆命燭鮓ると片側に木の中心がある事から半径30僉△弔泙蠶招70儷瓩ぬ擇ら切りだしたている事がわかります。年輪から想像するに想定樹齢は軽く100年を超すそうです。現在ではこのような大木からの切り出しはほぼないとか…

静岡の古民家が築約80年ですので、この木は200年近い、それ以上の長い歳月を過ごしてきた事になります。

この太さ・長さ・年月…すごい存在感です。

そしてこれらの古材は、洗浄し剥がれた皮をむき、必要な長さになって新しい家へと組み上がります。


この素晴らしい木材を現在に活かす事はまさに「温故知新」。


生まれ変わった姿が楽しみです。


★シェアビレッジ西御門〜コーポラティブタウン 
600坪の敷地にこのような古民家を移築・再築し街並みをつくります。

第1期はもうすぐ着工、第2期3住戸は2019年1月着工を目標に現在参加者募集中です。

古民家移築で鎌倉に暮らしたいという人は今すぐ資料請求し詳細を確認してみてください!

また現地見学や個別相談会も随時承ります。

資料請求、ご予約はこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S17545314/

注目の「バケーション民泊」

久々の更新です。

先日朝の情報番組でリゾート地や観光地での一軒家民泊が特集されていました。
今日はそんなお話しを…。

東京オリンピックを控えて注目される民泊ですが、今までの個人や外国人が利用するリーズナブルな安宿の民泊ではなく、「豪華な民泊」の特集でした

家族旅行(複数家族を含む)、女子会や会社や仲間同士での集まりなどに利用されており、一泊の料金は少々高額でも一人あたりの利用金額はリーズナブル。
その上、日常では味わえない広い家や設備、お洒落なインテリアなど、非日常的な空間を体験できるのが魅力との内容でした。

IMG_0197 (2) Hayama FullSizeRender (4) FullSizeRender (5)


昔風に言えば「貸別荘」のような感覚でしょうか。

今回の特集の物件は、すべて簡易宿泊施設の登録をしていて本来の民泊とは多少異なりますが、このような市場ニーズがある、という事がわかるものでした

そのためには魅力的な物件である事が重要です。

では、魅力的な物件の条件って何でしょう?


湘南で魅力的という点で参考になるのが、「海沿い、オーシャンビュー」で人気の高いこちら。

■THE HOUSE(葉山)

葉山のビーチフロントに建つ、全室オーシャンビューの一軒家。
1日1組限定 1泊6万円〜(人数、シーズンにより変動あり)

www.thehousehayama.com/

thehouse1 IMG_0198 IMG_0200 IMG_0202 IMG_0201
IMG_0204 IMG_0205


オーシャンビューを最大限に活かし、非日常的なリゾート感を打ち出したお洒落なこの宿は、宿泊はもちろん、撮影やウエディング、ブランドやショップのPop-up storeなどにも利用されており、年間を通して予約困難だそうです。
民泊の制限外の期間はスペースレンタルとして運用していく、という良い活用方法のモデルケースでもあります。

どちらしてもこんな素敵なところで、週末をゆっくりと過ごしたいものです


しかし、どんなにインテリアや内容を工夫しても”立地”だけはどうにもなりません…。


そこでおススメするのが、湘南デザインシステムがお届けするコーポラティブハウス、『辻堂オーシャンビューフラット』『Aloha Collection 茅ヶ崎』。

ご存知の通り、歩いて1分もすれば湘南のビーチ、湘南の日の出や富士山に沈む夕陽を見ることが出来て、階によってはオーシャンビュー!

湘南という知名度の高い地域、海沿いの宿泊施設が極端に少ないこのエリアにおいて、新築で建設される、海が目の前の貴重な物件です。

こんな最高の場所に居住、もしくはセカンドハウスを持てたら最高ですよね!


今回の特集のような豪華な民泊のニーズを踏まえて、民泊活用を念頭に置いて購入を検討してみる、というのも一つの手ではないでしょうか。

茅ヶ崎は残り1戸、辻堂は全5戸の募集を開始したばかりです!

http://shonanstyle.com/cooperativehouse/aloha-coop-007

http://shonanstyle.com/cooperativehouse/tujido-coop-077


今回は、海の目の前の部屋ならどんなインテリアにしようかと考えるだけでワクワクする、HP担当のyazawaがお届けしました。

茅ヶ崎ビーチフロントのコーポラティブハウス

茅ヶ崎Aloha Collecionコーポラティブハウスの最新情報です。

地鎮祭を執り行いました。

スタートです。















厳かな雰囲気の中、玉串奉奠 (たまぐしほうてん)


お供えしていた塩、酒、米、お神酒を土地の四方の方角の土の上に撒きます。


最後には、建設組合の皆さんで記念撮影
パシャり!
いよいよ建築着工に向けて進みます。

計画地はこんな場所です。

2018年茅ヶ崎花火大会みんなで鑑賞しました。
計画地目の前が打ち上げポイントのザザンビーチフロントです。
来年の夏は屋上からみんなで鑑賞です!


こんな海の近くのコーポラティブハウス 全8世帯はあと一部屋だけ「購入可能」です。

気になる方はこちらをチェック

そしてプロジェクトの引き続きレポートもお楽しみに。

by shonanryu

古民家再生〜神奈川スタイル

今日は古民家関連情報、 地方では古民家を活用のための取り組みが進んでいます。

写真は静岡県での取り組みですが、私たちが暮らす神奈川でも「こと」と手段が違いますが

神奈川スタイルの取り組みを少しづつ進めています。

image



























日本初のフラット35を使い「古民家再生ローン」で築77年の古民家再生の取組みがスタートします。

こんな平屋の古民家



大切に暮らして頂けるご家族が見つかり秋には古民家再生のためのリフォームもスタートします。

現在、プランニング中です。

レポートお楽しみに!

そして、古民家情報 気になる方はこちらをチェック


湘南暮らし&民泊新法についての疑問にお答えします

次の週末7月30日日曜日は民泊セミナー&コーポラティブハウス説明会です。

湘南を代表するエリアに建つ建物と民泊よ相性はとても良く、2地域拠点の場としても魅力的です。

民泊新法は、宿泊施設の許可の規制緩和です。

働き方や住まいに関する価値観も大きく変わってきている今、海のそばに新たな拠点を持つことで働き方や暮らし方が変わります。


こんな日の出が目の前のビーチから見れますよ〜

この機会に、詳しくお聞きになってみませんか。
参加費は無料、お席にはまだ空きがございます。

ご予約など詳しくはこちら

民泊新法と茅ヶ崎ビーチフロントのコーポラティブハウス

茅ヶ崎Aloha Collectionコーポラティブハウス 自由設計で進める注文集合住宅

計画地の立地からセカンドハウス=2地域居住を考えるという方からの問合せが多くなっています。


計画建物模型photo


そして、「民泊新法」についてもご興味ある方が多いようです。

民泊、国が定めた新法の定義です。
◆住宅宿泊事業法 第1条(目的)
この法律は、我が国における観光旅客の宿泊をめぐる状況に鑑み、住宅宿泊事業を営む者に係る届出制度並びに住宅宿泊管理業を営む者及び住宅宿泊仲介業を営む者に係る登録制度を設ける等の措置を講ずることにより、これらの事業を営む者の業務の適正な運営を確保しつつ、国内外からの観光旅客の宿泊に対する需要に的確に対応してこれらの者の来訪及び滞在を促進し、もって国民生活の安定向上及び国民経済の発展に寄与することを目的とする。



「観光立国」を目指す日本は、東京五輪が行われる2020年までに年間4000万人の外国人観光客の誘致を目指しています。

宿泊施設不足と言われてこの法が定められたということもあるのでしょうが、そこだけではなく特に地方が悩む

過疎化、人口減、空き家問題などこの民泊新法を使い、町村おこしだって可能かもしれません。

そして、今回計画地は湘南を代表する海のある街「茅ヶ崎」サザンビーチフロントです。

夏になれば海へ訪れる人、8月5日には花火大会もあり、たくさんの人で賑わいます。

この花火大会には毎年8万人(2016年実績)が来場します。



こんな場所、波音の聞こえるお部屋、富士山を望むお部屋と全8住戸計画で、あと2住戸となっています。
(富士山ビューとパーシャルオーシャンビューのお部屋です)

前記の通り全国どこでも宿泊施設不足、茅ヶ崎でも宿泊施設は少なく特にビーチフロントにはホテルなどはありません。

日本人観光客は勿論、増加する外国人観光客をターゲットに民泊活用&セカンドハウスとして検討する価値ありのプロジェクトではないでしょうか。

尚、7月には気になる民泊についてのセミナーも開催致しますのでお楽しみに!

茅ヶ崎Aloha Collection コーポラティブハウスについては暮らす湘南公式サイトにて詳細確認ください。


茅ヶ崎暮らし情報〜この夏サーフィンを始めるなら茅ヶ崎がオススメ!

茅ヶ崎はマリンスポーツが盛んなエリアでもあります。
すぐそこは海なので、毎日サーフィンを日課にされている方も少なくありません。
どちらかと言いますと地元でサーフィンを楽しまれている方が多いエリアでもあります。

茅ヶ崎のサーフィンができるポイントがいくつかあって、人によって好みも異なる様です。

surf

■茅ヶ崎パーク
茅ヶ崎で一番メジャーなサーフィンスポットが「茅ヶ崎パーク」です。
因みに一番プロサーファーを排出しているのは「茅ヶ崎」らしいんです。

台風の日は特にプロサーファーが沢山サーフィンをしにくるポイントなので、初心者は
サーフィンの練習をするのは大変かもしれませんが、プロサーファーのテクニックを学んだり、
観に行くというのでは、オススメです。

茅ヶ崎パークがサーファーに人気な理由は、市営駐車場からのアクセスが良かったり、
無料のシャワーやトイレも整備されているということもあると思います。

surf2

■茅ヶ崎サザンビーチ
観光地としては一番有名なビーチで、毎年行われる花火大会のメイン会場となるビーチです。
夏には海の家ができて、海水浴客で混み合うビーチです。

普段は穏やかなビーチで、海の散歩を楽しむ人々に愛されているビーチですが、
台風が来るとサーファーが波乗りに来るスポットへ変身します。

 

茅ヶ崎はサーフィンのイメージが少ない、穏やかなビーチや海のイメージがあるかもしれませんがサーファーが愛する波エリアだったりする意外な一面もあります。

 

サーフィンをやったことのない人であれば、まず始めは茅ヶ崎にサーフィンスクールが沢山開かれていますので、きちんと基礎を習ってから始められるのもオススメです。

基本的に、海は1人でサーフィンをするのは危険ですので、誰かと一緒に海に出ることをオススメします。

ただ、茅ヶ崎に移住されているサーファーの方は、よく海に出ている方も少ないくないので、いつの間にか

顔見知りになって、声をかけて海に入る様になれば、周りで波のりしている人も気にしてくれるので、そんな仲間ができるまではどなたかと一緒に海へ出ましょう♪

 

■サザンビーチ目の前、毎日サーフィンが楽しめる家のご紹介!

サーフィンが大好きなサーファーの方!これからサーフィンを始めたい方にオススメな素敵な物件ご紹介します!!

茅ヶ崎のサザンビーチが目の前の計画地で「全7世帯のコーポラティブハウス」を建設します。

予定募集価格)2,000万円台後半から

現地見学や計画について詳しくは、個別相談会にて確認下さい。

 ご予約はこちらをクリック

鎌倉で鎌倉野菜を育てる

こんにちはshonanryuです。
空気もきれいで、海もあって山もある「鎌倉」は一度は住んでみたいと思える場所です。
海と山のどちらもある土地ならではの楽しみは、新鮮な海の幸・山の幸を味わえることです。
そんな幸せを楽しめる鎌倉では、地産地消を推進していて、 その中で鎌倉ブランドでもある「鎌倉野菜」は、有名な料理店のシェフがわざわざ遠くから足を運んで仕入れにくる位のブランド力です。
もちろん鎌倉で営業している飲食店には必ずと言っていい程、鎌倉野菜が使われている料理が提供されています。

yasai

■鎌倉野菜の特徴

鎌倉野菜は以前は鎌倉の朝市や直売所でしか販売されていなかったのですが、度々有名店のシェフが足を運んで食材の仕入れに来ているとメディアなどで有名になり、 最近ではやっと直送で購入できるようになりました。ですが生産量が少ない為、一般的なスーパーなどの市場では出会う事はないです。 豊かな土壌で育まれる鎌倉野菜は、土壌にミネラル成分を多量に含む土で、ほぼ農薬は使わずに作られる為、味が濃く風味がいいというのが特徴です。 そんなヘルシーでミネラルたっぷりな「鎌倉野菜」を育ててみるのも、鎌倉に暮らす楽しみの一つです。

■鎌倉で野菜を育てる

鎌倉はゆったりと時間が流れる「鎌倉時間」というのがあります。その時間を有効的に過ごす為に、鎌倉野菜を育ててみるのも楽しみ方の一つです。 鎌倉市では「野菜の栽培を通し、自然と触れ合い、農業への理解を深めてもらう」為に、大船地区市民農園の貸し出しをしています。 1か月1400円位で借りれて、30平方メートル/1区画の大きさを借りるとができますので、何種類か季節ごとに栽培して旬を楽しむ鎌倉野菜作りができそうです♪ ご自分で育てることによって、料理をして食べるという楽しみも一つ増えます。 鎌倉で野菜作りにトライしてみるのも素敵な鎌倉時間を過ごせるのではないでしょうか?


現在鎌倉の山側、およそ600坪の平坦土地を利用し全12世帯の古民家移築でコーポラティブタウンをつくる計画が進んでいます。

自分の専用庭や共有庭などで「鎌倉野菜を育てる」ことも可能です。

古民家や家庭菜園などに興味がある方、鎌倉暮らしで実現できますよ。

プロジェクトの詳細はこちら

http://shonanstyle.com/?p=10050 
*プロジェクト情報の閲覧には無料会員登録が必要です。

 

↓レンタル畑についてはこちら

www.city.kamakura.kanagawa.jp/kouhou/kamakura/h25/t140201-4.htmlj
 

 


 

鎌倉ならではの古民家を修繕や移築するという活動

kominnka

 

最近の住宅問題として、空き家というのが問題視されていて、ずっと手の付けられないまま放置されてボロボロになってしまって倒壊しそうになってしまったり、

持ち主が亡くなられて誰も相続する方もいなくそのままになってしまう物件など、日本には様々な空き家があります。

現在政府機関がその様な持ち主がいない家や、倒壊してしまいそうな家の解体をオリンピックへ向けて始めています。そんな中、

鎌倉では「古民家移築プロジェクト」なるプロジェクトを立ち上げました!!

鎌倉の街は、戦災を免れた為に大正末期から昭和初期から当時のそのままの民家が立ち並んで残っているというのが鎌倉の特徴なのです。

この古民家によって「鎌倉らしい景観」を作り出す中核と考えられていて、

そういった古民家を保存し収益を得られる家にする取り組みを鎌倉全体として活動しています。

 

 

■古民家を大切にする活動内容

この様に鎌倉は時の流れを変えずにそのままそこに残り続けた古民家を、大切に修繕して生かしていくという活動が行われています。

これは「鎌倉」という街の景観=イメージを壊さないことを前提に、あの頃にタイムスリップしたような時間を演出することが鎌倉のブランディングにとって大切なことなのです。

鎌倉にはその他にも「古民家」に新たな光を差し込んで、修繕や改修をすることにより、

「鎌倉の景観」維持と、鎌倉に住む人々の心も豊かにできるような暮らしができる場所づくりに励んでいます。

また、「古民家移築プロジェクト」という活動で鎌倉へ古民家を移築して現代の建築とブッキングさせるという、

新しいライフスタイルの提案をしています。新しいもの×ヴィンテージな家のコラボレーションは溶け合ったり、

ぶつかり合ったりする表情が楽しめる家へと生まれ変わるんです。家は手をかければそこに住む人たちと共に成長するもので、

新品ばかりを使った新築にはない温かさや温もり、懐かしさを感じられる場所へと変化します。

「鎌倉に住みたい」と思っているあなた!是非、鎌倉を訪れて、空気や街並みをゆったりと楽しんでみてください。

きっとあなたにあった鎌倉生活が想像できるのではないでしょうか?

twitter
住まいの学校
月別アーカイブ
プロフィール
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
コメント
トラックバック
鎌倉雪ノ下コーポラティブハウス/外壁はスイスウォール漆喰で! (うぇブログ-shonanryu's BLOG-鎌倉 不動産 コーポラティブハウスなら暮らす湘南)
エコな塗り壁
太陽光発電の22年度の補助金が廃止!? (サンヨー太陽光発電と激安情報 【三洋PVマニアックス】)
太陽光発電も事業仕分け?
エコタウン大町」現地借地権説明会開催 (うぇブログ-shonanryu's BLOG-鎌倉 不動産 コーポラティブハウスなら暮らす湘南)
エコタウン大町借地権分譲プロジェクト>現地説明会
鎌倉雪ノ下のコーポラティブハウス/建物ボリュームが決定です。 (うぇブログ-shonanryu's BLOG-鎌倉 不動産 コーポラティブハウスなら暮らす湘南)
雪の下コーポラティブハウス
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
ページトップへ戻る